これから去勢、避妊手術をお考えの飼い主様へ

これから去勢、避妊手術をお考えの飼い主様へ
去勢や避妊手術は、その動物にとって少なからず性ホルモンのバランスを崩すという生命の摂理、恒常性に影響を与える行為です。病気の予防のために・・・ ということは理解していても実際どういったメリットとデメリットがあるのか?目的や趣旨、動物種、年齢によってもその必要性に違いがあります。
犬と猫の去勢、避妊手術について各々のメリット、デメリットについてまとめてみました。じっくり考えるための参考にしていただきたいと思います。
犬の去勢手術
[メリット]
  • (1) 男性ホルモンが関与する臓器の病気の予防、具体的には睾丸腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腫瘍などの発生を防ぐことができます。またこれらの病気になってしまった場合に手術をすることで再発をふせぐことができます。ただし、悪性腫瘍の場合は効果がないとするデータもあります。
  • (2) 問題行動の防止、これは威嚇行動(よく吠える、咬みつくなど)やマーキングの抑止効果が期待できるというものです。手術によって性格が変わるわけではないので性格上、こういう行動をとっているケースでは改善されない場合があります。
  • (3) 性ホルモン誘発性のストレス疾患の予防
[デメリット]
  • (1) 基礎代謝が減少することによる肥満傾向
  • (2) ホルモンバランスの崩れによる皮膚病などの発症
  • (3) 手術や麻酔による影響(術後合併症、死亡など)
犬の避妊手術
[メリット]
  • (1) 女性ホルモンが関与する臓器の病気の予防、具体的には皮膚炎、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、糖尿病などの発生を少なくすることができます。
  • (2) 望まない妊娠を予防できます。
[デメリット]
  • (1) 基礎代謝が減少することによる肥満傾向
  • (2) ホルモンバランスの崩れによる脱毛症などの発症
  • (3) 女性ホルモン減少による尿失禁
  • (4) 生涯出産が不可能になる。
  • (5) 手術や麻酔による影響(術後合併症、死亡など)
猫の去勢手術
[メリット]
  • (1) 不適切な排尿(スプレー)行動の防止。100%予防できるわけではありません。
  • (2) 発情症状(鳴き声、さかりなど)の予防
  • (3) 男性ホルモンが関与する病気の予防
[デメリット]
  • (1) 基礎代謝が減少することによる肥満傾向
  • (2) ホルモンバランスが崩れることによる皮膚病などの発症
  • (3) 手術や麻酔による影響(術後合併症、死亡など)
猫の避妊手術
[メリット]
  • (1) 子宮蓄膿症など女性ホルモンが関与する病気の予防
  • (2) 発情症状(鳴き声、さかりなど)の予防
  • (3) 望まない妊娠の予防
[デメリット]
  • (1) 基礎代謝が減少することによる肥満傾向
  • (2) ホルモンバランスが崩れることによる皮膚病などの発症
  • (3) 生涯出産が不可能になる。
  • (4) 手術や麻酔による影響(術後合併症、死亡など)
小さい体にメスを入れる・・・ 悩まれて当然ですし、ご家族の中で意見が分かれても不思議ではありません。手術にはご家族の総意が大切です。ご相談だけでも承っています。また院内にて避妊、去勢手術に関する手作りリーフレットを配布しております。お気軽にご用命ください。