CSR・活動 | 緑の森どうぶつ病院 さっぽろクリニック

CSR活動「てとて、旭川しあわせプロジェクト」

緑の森どうぶつ病院のCSRの原点
関連団体NPO手と手の森が掲げる「てとて、旭川しあわせProject」を応援しています。

命を大切にしたいと思う気持ちをお預かりするという事は人とどうぶつをつなぐという事。
緑の森どうぶつ病院を開業してまもないある日のこと、外来時間中に院長の姿が急に病院から消えたことがありました。
しばらくすると何事もなかったように戻ってきて、そして院長はにこにこと、どうぶつたちの診察をいつものように続けるだけでなにも語ってくれません。
そんなちょっと不思議なことがあってから数日後のこと。 10人ほどの小学生たちが院長あてに手紙が届きました。
「先生、鳥のひなを助けてくれてありがとう」1年生から6年生まで、いろんな学年のこどもたちが、精一杯の感謝の言葉をつづってくれた手紙でした。 そうです。
院長は、こどもたちが公衆電話からかけてきたSOSの連絡を受けて、巣から落ちてしまった鳥のひなを助けるべく病院を抜け出したのでした。 助けるといっても、木に登ってひなを巣に戻しただけだったようですが・・・。 その手紙のなかにこんなメッセージがありました。
「ぼくは、本当は先生は来ないと思っていた。でも、先生は来た。びっくりした。ぼくはそんな大人に会ったことがない。先生ありがとう。ぼくは、これから絶対に動物を大切にします。先生ありがとう!」 この男の子の言葉に、わたしたち緑の森のスタッフたちは胸を突かれました。
わたしたちは動物病院ですから、一番の使命は緑の森どうぶつ病院を選んで、足を運んで下さるオーナー様とどうぶつたちが健やかな日々を過ごせるようにお手伝いをすることです。
ですが、どうぶつ病院は病院を訪れてくれるどうぶつたちの命だけを助ければよいのでしょうか。
この旭川の地に、日本各地に、世界に、だれかの助けを必要としているどうぶつたちがいるのだとしたら、そのどうぶつたちにも「やさしい手」を差し伸べることが、わたしたちが目指している「どうぶつ病院」なのだと思い知りました。

鳥のひなを助けたいと思った小学生のように、どうぶつを愛おしいと思う気持ち、どうぶつたちの命を大切にしたいと思う気持ちをお預かりするということは、人とどうぶつをつなぐということ。

csr-1

どうぶつから人。人から人。そして人からどうぶつへと。
わたしたちがやさしい気持ちをつなぐ架け橋となり、人もどうぶつもともに幸福に生きることができるやさしい社会をつくるということ。
それがわたしたち緑の森どうぶつ病院が社会の皆様にできることです。
わたしたちは、このような「やさしい社会」実現のために緑の森どうぶつ病院のCSRとして「てとて、旭川しあわせProject」、「てとて、基金」の活動を応援しています。
てとて、旭川しあわせプロジェクト
命を大切にしたいと思う気持ちをお預かりするという事は人とどうぶつをつなぐという事。
csr_11
どうぶつから、人へ。
どうぶつたちとのふれあいは、どうしてこんなにも心に響くのでしょうか。
言葉に頼らないからこそうまれるつながり。やさしさ。
それはどうぶつが私たちに教えてくれるたいせつなもの。
人から、どうぶつへ。
生きるために、人の手を必要としているどうぶつたちがいます。
人の手によって姿を変えてしまった自然もまた、生きるために人の手を必要としています。
どうぶつと自然の命を大切にする。
そんなあたりまえの心を守るために、何ができるでしょう。
csr_14
csr_16
そして人から、人へ。
どうぶつと思いやりを共有できる人は、やさしさを人に伝えることができる人だと思うのです。
人。どうぶつ。人。
そんなやさしさのつながりができたら素敵だと思いませんか。
わたしたちがめざすもの、やさしい大人の手。夢ある子供たちの手。やさしさあふれる動物たちの手。人生をきざんだ、重みのある手。何かを背負う、若者たちの手。そして、ありのままの自然。手と手をつないで、そして和のようにつながって、ヒトにも動物にも、自然にも優しい社会をつくりたい。
それが、てとてプロジェクトがめざすものです。
csr_19
csr_21
NPO法人 手と手の森
http://www.tetote-project.or.jp/
活動のご紹介
CAPP
CAPP(Companion Animal Partnership Program 人と動物とのふれあい運動)とは、公益社団法人日本動物病院協会が主催するボランティア活動の名称です。主に行うことは「動物介在活動(AAA)、動物介在教育(AAE)、動物介在治療(AAT)」ことです。
動物介在活動
犬達が入ってくるだけで皆さんの顔色が変わり、笑顔がみられるとても充実したひと時。普段あまりお話をされない方も、犬達がくることで表情も変わり、更には話もするなど、スタッフの方に驚かれることも。会話も弾み和やかな時間は、訪問をした私たちも元気をもらえるとても楽しい活動です。
動物介在活動
犬達が入ってくるだけで皆さんの顔色が変わり、笑顔がみられるとても充実したひと時。普段あまりお話をされない方も、犬達がくることで表情も変わり、更には話もするなど、スタッフの方に驚かれることも。会話も弾み和やかな時間は、訪問をした私たちも元気をもらえるとても楽しい活動です。

csr-50

JAHA(公益社団法人日本動物病院協会)やCAPP活動について、詳しくは
ホームページ(http://www.jaha.or.jp/)でご覧頂けます。